Ludovico

三观不正的悲观主义者,生物狗【过激涉p,过激闪厨】

Terror

テロル/Terror
作词/作曲/编曲:Neru 
呗:镜音リン 

言叶になんてならない手纸をひたすら书いてさ
一味地用只言片语写著不成文的信件
明日の自分に送(おく)りつけてやろうと思ったが
想著要送交给明天的自己
そんな住所(じゅうしょ)なんてない
可这样的地址却哪里都没有
どこにいるかもわからない
连自己身在何处都无从得知
なら仆は この気持ちをどうすりゃいい
那麼我 要将这份感情如何是好
なりたくない自分になれた気分はどうですか
成为了不想成为的自己感觉怎样
遥か彼方 天国で神様が指を指し笑う
在遥远彼方的天国神明在指著我嗤笑
黙れこの役立(やくた)たず
闭嘴吧你这没用的废物
早く何処か行ってくれ
快点给我滚到别处去
さめざめと 惨(みじ)めさだけが募(つの)ってく
潸然落泪 只有凄凉情绪渐渐沉积
薮睨(やぶにら)みで爱にそっぽ向いて 
因为偏见而对爱视而不见
六畳(ろくじょう)に立て篭(こ)もるテロリズム
躲在六畳房间里闭门不出的恐怖主义
いつだって歌ってきた
无论何时都歌唱著
いや、叫んでたんだよ
不对,喊叫著
それが间违いというなら 言叶より重い弾で 射抜(いぬ)いてよ
如果说这也是错误的话 那就用比言语更沉重的子弹 来射穿它吧
やられたらやり返せ 君の番だ 舍てた梦の全てを拉致(らち)しろ
人若犯我我必奉还 这次轮到你了 绑架所有丢弃的梦想吧
心の居场所を赌(と)したレジスタンス
赌上心灵归宿的抵抗运动
笑われたその分だけ 笑い返せ 言わば人生のクーデター
被嘲笑的话就连著嘲笑的那份 双倍奉还 这就是所谓的人生的政策
胜(か)ちも负(ま)けない延长戦(えんちょうせん) 仆らの反撃(はんげき)前夜
不分输赢的延长战 我们的反击前夜
歌にすれば何か変わると本気で思ってた
曾经认真地想过若是写成歌曲便会有所改变
耻ずかしげも后ろめたさもなく ただ思ってた
没有窘困的尴尬也没有内疚感 只是这样想著
征服だの何だの 抜(ぬ)かした奴はどいつだ
说著征服又嚷著有的没的的 是哪个脱线的家伙啊
そんな事言う 大马鹿者はいないよな
会说这种话的大笨蛋 是不会存在的吧
心一つない群集(ぐんしゅう)の声に
面对没有灵魂的群集的声音
怯え立て篭(こ)もるテロリズム
胆怯著而闭门不出的恐怖主义
そうやって拒(こば)んできた
一直以来都是如此抗拒过来
いや、逃げてきたんだよ
不对,是逃离开了啊
これが最后のチャンスなら こんな最悪な舞台(ぶたい)は ごめんだろう
这若是我最后的机会 如此差劲的舞台 也只能恕不奉陪了吧
やられたらやり返せ 君の番だ 
人若犯我我必奉还 这次轮到你了
骂倒(ばとう)や野次(やじ)の类(るい)は无视しろ
无视谩骂和喝倒彩的人们
心の伤から漏(も)れたメーデー
从心伤渗透而出的Mayday
笑われたその分だけ 笑い返せ 一部屋で起きたインティファーダ
被嘲笑的话就连著嘲笑的那份 双倍奉还 在房间角落里发动的起义
兵士も指挥(しき)もいない防卫戦(ぼうえいせん) 仆らの革命(かくめい)前夜
没有士兵也没用指挥的防卫战 我们的革命前夜
ボロボロになってでも夺い返せ
就算遍体鳞伤也要夺回来
君の心は君だけの物
你的心是只属於你的所有物
命は辉いてこそ命だ
生命只有闪耀才能叫做生命
転(ころ)んでも倒れても踬(つまず)いても 进もうとした证拠だから
就算跌倒哪怕倒下甚至止步不前 全都是想要前进的证据
それを笑うなんて最低だ それでも地球って奴は回るんだろう
连这些都要嘲笑的家伙最差劲了 但即便如此地球这家伙还是会转动的吧
そうだろ そうだろ 答えておくれよ
是这样吧 是这样吧 谁来回答我啊

评论
热度(5)

© Ludovico | Powered by LOFTER