Ludovico

三观不正的悲观主义者,生物狗【过激涉p,过激闪厨】

夢のまた夢


甘(あま)いものほど溶(と)ける

それが恋(こい)だっけ?

口寂(くちさみ)しいや 綿菓子(わたかし)を

ひとつ買(か)っていこう

 

若苗(わかなえ)の袖(そで) 空(そら)に投(な)げた恋文(こいふみ)

あの下駄箱(げたばこ)は 笑(わら)い方(かた)のくずかご

空倍子色(うつぶしいろ) 長髪(ながかみ)が 揺(ゆ)れる

薄明(はくめい) 手(て)招(まね)いて 口数(くちかず)も減(へ)る境内(けいだい)

なくしたものばかり数(かぞ)えている

世迷(よま)い妄想(ぼうそう)に

 

ただいま

 

夢(ゆめ)のまた夢(ゆめ)か 見果(みは)てぬ夢(ゆめ)

みなしごとパパに疎(と)まれた子(こ)

闇夜(やみよる)ほど星(ほし)が綺麗(きれい)なこと

ねえ 知(し)ってる?

逆夢(さかゆめ)のままに 踊(おど)れ 踊(おど)れ

ボクらがボクらでいられるまで

形振(なりふ)り構(かま)わず 手(て)を叩(たた)け

いつの日(ひ)か この夢(ゆめ)が

覚(さ)めるまでは
 

金魚(きんぎょ)すくいで 救(すく)えるような命(いのち)は

誰(だれ)かすくって くれだなんて思(おも)ってた

そうだ

誰(だれ)かの好(す)きな誰(だれ)かになって

言(い)われるままに大人(おとな)になって

   

それでもわからないまま どうして

涙(なみだ)が止(と)まらないんだろう

わすれたもの 林檎飴(りんごあめ) 

水(みず)に 降(お)り立(た)つ 月(つき)の影(かげ)

鏡(かがに)越(ご)しに散(ち)る花火(はなび)

触(さわ)れぬものばかり探(さが)している

世迷(よま)い妄想(ぼうそう)に

 

もういいよ もういいよ

浮(う)かんでは 照(て)らしては 

吸(す)い込(こ)まれる 惣闇色(つつやみいろ)の夏空(なつそら)

 

ひとりにしないで

 

ばいばい 

 

夢(ゆめ)のまた夢(ゆめ)か 見果(みは)てぬ夢(ゆめ)

こんなゴミのような世界(せかい)でも

ボクは 好(す)きで 好(す)きで 好(す)きで

好(す)きで 好(す)きでたまらない

踊(おど)れ 踊(おど)れ さあ踊(おど)れ 踊(おど)れ

何(なに)もかもすべて忘(わす)れさせて

形振(なりふ)り構(かま)わず 手(て)を叩(たた)け

いつの日(ひ)か この夢(ゆめ)が

覚(さ)めるまでは

夢(ゆめ)の向(む)こうで 夢(ゆめ)を探(さが)している

 

夢まぼろしだったら どれほどよかっただろう?

 
评论

© Ludovico | Powered by LOFTER